セラピードッグ

2007年1月「健康で長生きしたいなら犬を飼うべきである」――――そんなユニークな学説が英国BBC放送で紹介されました。

イギリスの心理学者デボラ・ウェールズ氏によると、犬を飼う人は健康で長生きとのこと。悩みを話せば黙ってじっと聞いてくれる、無気力になっているときは体を寄せてよりそってくれる、人間の心の内をいち早く見抜く力は人間以上かもしれません。

欧米ではセラピードッグはポピュラーな存在であり、病院や老人施設、子供たちの集う所などに必ずいると言っても過言ではありません。

日本ではまだ普及が追いついていないのが現状で、最初にドッグセラピーを導入したのは、音楽家でもあり国際セラピードッグ協会会長の大木トオル氏によるものです。

当院では、大木先生のトレーニングを受けたラブラドール・レトリバー達が常時お出迎えしています。

In January 2007, a unique theory was introduced by British BBC broadcast: “If you wish to live a long and healthy life, you should have a dog.”

According to British psychologist Depola Werls, people who keep dogs live healthy and long lives. If you talk to dogs when you’re feeling down or anxious, they will silently cuddle and listen to you. At times, their ability to read your emotions is thought to be higher than human’s.

In America, therapy dogs are a common thing to see in hospitals, nursing homes for the elderly, and places where children gather. In Japan, however, therapy dogs are not that popular. Mr. Ooki Toru, a musician and the president of the International Therapy Dog Association, introduced the concept of therapy dogs in Japan.

At our clinic, you will be welcomed by a labrador and a retriever that were trained by Mr. Ooki himself.

Copyright © 2002-2020 Hanzoumon Morooka Clinic. All Rights Reserved.

掲載物への直接リンクおよび引用は固くお断り致します。